生活費が足りない時の対応

生活費が足りない場合で現在は就職先を探している方なら国から無利子や低金利でお金を借りる事ができるかもしれません。厚生労働省に生活資金貸付という制度がありますが保証人をつけると無利子でお金を貸してくれます。保証人がいない場合でも条件に合えば低金利で貸付が可能です。

 

一般的に生活費が足りない時は多くの方が行っている方法ですが貯金を切り崩し生活費にあてる、生活費を節約する、家族に助けてもらうなどがあげられます。貯金が無ければ生活費にあてる事ができませんし、生活費を助けてくれる優しい家族がいなければそれも無理な方法ですよね。生活費を節約する方法が1番、万人向けであり誰でもすぐに始める事ができます。

 

生活費が足りないときこそ節約を

少し節約しただけで何万円にもお金が浮くのは難しいですがコツコツと色々な方面で節約していくとちょっとした金額になるのです。必ずかかる生活費で公共料金や食費などを少しずつ節約していきましょう。チマチマした少額のお金を節約していくのは馬鹿らしいと感じる人がいるかもしれませんが塵も積もれば山となり大きなお金になっていきます。

 

例えば携帯代が高ければ契約の見直しをした方がいいですね。4人家族で4人とも携帯もちであればかなりのお金を節約できるかもしれません。

 

収入アップで生活費を補う

逆に収入を増やして足りない生活費にあてるという方法があります。職種にこだわらなければ日払いのバイトが沢山あります。日払いであればすぐに生活費に使えるので行動力があればすぐに実行できる手段です。学生の子供がいれば生活費や塾代にもお金がかかってしまうのが現状ですよね?新たな車を購入すれば車のローンに毎月支払いがきつくなってしまいます。そしてたまには旅行にも行きたいですよね?急な引っ越しにもお金がかかったりと生活費の節約は頭が痛い。。。

 

 

1.国から生活資金貸付を受ける
※しかし条件が厳しい
2.貯金を使う
3.家族から援助を受ける
4.生活費の節約
5.収入を増やす

 

上記の生活費が足りない時の対応でできそうな方法がありましたでしょうか?すぐにまとまったお金が必要な方はカードローンから足りない生活費を借りる事ができます。50万円以下であれば即日に足りない生活費を工面する事ができます。30日間無利息や180日間無利息など条件がありますが急場の時は助かります。