国からお金を借りる場合

国からお金を借りる場合日本政策金融公庫が有名ですがほとんどが企業向けの融資に偏っており一般の方にお金を借りる制度があまりありません。唯一、教育ローンがありますが万人向けではないですよね。

 

他に厚生労働省から住宅支給給付と総合支援資金でお金を借りる事ができますが求職中である事や雇用保険を受けてないなどの条件があります。結局、収入がなくなり生活が困難な方がへの共済措置的な融資なのです。そしてハローワークと密になっていてそこで定められた求職活動をしなければなりません。ただ条件が当てはまり国からお金を借りた場合生活福祉資金貸付制度であれば無利子か年1%台の金利なので低金利ではあります。

 

基本的に国はみなさんからの税金で回っているので多少の事でお金を貸していたら今の税金ではやっていけなくなるのです。国の定めた条件に合わなければ民間の会社でお金を借りるしかありません。銀行では目的が決まっている融資に関して低金利で提供しています。また、消費者金融などでは一定期間、無利息でお金を借りれるカードローンがありますので、一時的に金欠であればその場しのぎに最適ですね。一人暮らしでお金がなくて、他の人に頼れない時はこのような機関を利用するがベストです。

 

国以外でお金を借りるなら

 

国以外からお金を借りる場合、在籍確認が必要な場合があります。上記のサイトで在籍確認を省略する方法が紹介されていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

国からお金を借りる関連ページ

生命保険でお金を借りる