生命保険でお金を借りる時の危険なポイント

掛け捨ての生命保険ではお金を借りる事ができませんが、解約金があるタイプの商品は、解約金の中からお金を借りる事ができる場合があります。金利も低いですし、返済の督促も入らないので気軽に利用する事ができるのです。

 

ただ、安易にお金を借りると危険です。まずは入院特約が付いているか調べてみてください。できれば入院特約が付いていない生命保険からお金を借りるようにしてください。もしも貯蓄性の高い生命保険の商品であれば、お金を借りるのではなく、契約を減額する事をおすすめします。

 

何故、入院特約が付いた生命保険からお金を借りる事が危険なのか?

 

生命保険からお金を借りると、返済の督促が入りません。ですので返済する事を忘れてしまうのです。10年、20年そのままにしておくと多額な借金になってしまいます。

 

そしてある時、返済の督促が入るのです。それは、定年になって年金生活になった時期くらいにやってきます。解約金の定められた割合より借金の方が多くなってしまったため返済の督促が入るのです。

 

その時に返済ができないと、契約は継続する事ができなくなってしまいます。新しい生命保険に入る事ができれば良いですが、その年代では難しいですよね。リスクがある事を十分に理解した上で、生命保険からお金を借りましょう。もしも、旅行費用のお金借りるなら少額なので配当金で借りれる可能性が高いです。

 

生命保険でお金を借りるのではなく、配当金を引出す

 

現在の生命保険では、昔の様に配当金が付かなくなってしまいました。それでも生命保険からお金を借りる前に、配当金が付いているか調べてみる事をおすすめします。

 

生命保険の商品のタイプや、契約期間が長ければ配当金が付いているかもしれません。毎年、契約のご案内が封書などで届いていると思われますので、配当金があればそこに印字されています。

 

配当金の引き出し方法は、生命保険会社のフリーダイヤルに電話をかけて聞いてみましょう。

 

生命保険以外でお金を借りる方法

 

生命保険以外でお金を借りる場合、カードローン会社がおすすめです。

 

無利息サービスでお金を借りる事ができる会社や低金利で借りれるカードローンがあります。もしも、お急ぎでしたら早急にお金を借りる事が可能です。

 

生命保険はあなたと家族のお守り

 

生命保険からお金を借りたい場合に、気をつけたいのがご家族との相談です。ご家族に内緒で、生命保険からお金を借りるケースがあります。もしも大切なご家族がいるのなら、必ず相談してからお金を借りましょう。

 

毎年、生命保険会社から契約内容のお知らせが入ります。ご家族に内緒のつもりが、ばれてしまう事が多々あります。そういったリスクも考慮してくださいね。お金借りる理由について、例えば生活費引っ越しの費用旅行資金とか人それぞれ様々ありますがベストな方法をチョイスしてください。

 

上記の場合、無利息サービスなど活用するのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

生命保険でお金を借りる関連ページ

国からお金を借りる